東京世田谷の無痛分娩 産婦人科クリニック 田中ウィメンズクリニック

閉院のお知らせ
新型コロナウイルス発生に伴うお願い

新型コロナウイルス発生に伴うお願い

ご来院・ご入院は診察を受ける方のみお越しください
院内への付き添いはお控えください
(送迎の際は、駐車場までとさせていただきます)
ご来院の前に体温を計測してください。
来院可能体温 (妊産褥婦の方:37.5℃未満)
ご来院の際には、マスク着用の上、手洗い・消毒を宜しくお願いいたします。

<ご来院・ご入院の付き添いにつきまして>
新型コロナウイルスの対策として、下記の通り付き添いを制限させていただいております。付き添いの方が意図せず感染源になり得る可能性も考えられますので、皆様の安全のため、ご理解ご協力をお願い申し上げます。
ご来院:診察を受けられるの方以外のご来院はお控えください。
ご出産:立ち会いが不可能です。
ご面会:全ての方のご面会をお控えいただいております。

<ご来院の注意事項>
以下1~4の症状がある方はご来院なさらずに、ご予約の変更をお願いいたします。
1.発熱、頭痛、風邪症状、のどの痛み、咳、鼻汁、痰、息切れ、息苦しさ、胸の痛み、だるさ、関節痛、筋肉痛、発疹、腹痛、下痢、嘔吐、味覚障害の症状がある方。
2.2週間以内に海外から帰国した方、または帰国者と接触した方。
3.2週間以内に新型コロナウィルスに感染した、又は、感染の疑いのある人と接触した方。
4.流行性疾患の方、また、上記1の症状のある方が周囲にいる方。
尚、風邪の症状や37.5℃以上の発熱が2日以上続いている妊婦様は、保健所などにある「帰国者・接触者相談センター」にご相談をお願いいたします。

2020年4月8日(更新)
田中ウィメンズクリニック
院長 田中康弘

お受けできない分娩

昨今、産科施設での病診連携体制が進み

  • 分娩の大部分を占める正常妊娠は、一般産科施設で行う
  • ハイリスク妊娠はNICU(新生児集中管理施設)のある大学病院や、周産期センターと呼ばれる施設が受け持つ

というルールになっています。

そのため、一般産科施設である当クリニックではハイリスク妊娠の分娩をお受けすることができません。
高齢妊娠や極端な肥満や痩身(るいそう症)、過呼吸症候群、不安神経症などもハイリスクに分類されますが、このような方は日頃の生活習慣によってリスクを低くすることも可能です。妊娠前の生活習慣のアドバイスを院長特診でお受けしています。お気軽にご相談ください。

当クリニックでお受けできないハイリスク妊娠の例は、以下になります。ご理解ください。

1.合併症を伴った妊娠
以下のような合併症がある場合
高血圧症・糖尿病・心臓病・喘息・多胎・精神病・甲状腺疾患・その他妊娠によってリスクが高くなる疾患。ただし、軽症で当クリニックでの運動療法が実行可能な場合はお受けする事があります。
2.38歳以上の高齢妊娠
ただし、以下の場合はお受けすることがあります。
  • 初産の方:初診日が40歳未満で妊娠初期より当クリニックの運動療法(マタニティビクス)を実行できる方
  • 経産の方:当クリニックでの出産歴のない方は、初診日が40歳6ケ月未満で、妊娠初期より当クリニックの運動療法(マタニティビクス)を実行できる方
    当クリニックでの出産歴のある方は、年齢制限なしに分娩をお受けいたします。
3.身長145㎝以下の方
4.BMI 18.5以下/25以上の方
ただし、妊娠初期(13週)から当クリニックの運動療法(マタニティビクス)を実行できる方は、基準を緩和します。
こちらの数値の方の分娩もお受けします。
BMI 17.5以上 26.0以下
BMI = 体重 ÷ (身長×身長)
5.硬膜外麻酔ができない場合
以下のような持病などでお受けできない場合があります。
  • 血液の疾患で出血傾向がある場合(血小板減少症)
  • 脊髄神経疾患のある場合
  • 麻酔を行う局所(背部)に感染や腫瘍がある場合
  • 局所麻酔薬にアレルギーのある場合
当クリニックでは妊娠初期の診察や血液検査でこれらの症状を鑑別し、実施にあたっては少量のテスト量を注入して異常のないことを確かめてから硬膜外麻酔を行います。麻酔薬アレルギーはまだ一例も発生していません。
※当クリニックにて出産履歴のある方、タナカチルドレンの方、ご主人がタナカチルドレンの方は、年齢・BMIの数値にかかわらず、分娩をお受けします。
マタニティ&ベビーフェスタ2018
TOPへ