東京世田谷の無痛分娩 産婦人科クリニック 田中ウィメンズクリニック

閉院のお知らせ
新型コロナウイルス発生に伴うお願い

新型コロナウイルス発生に伴うお願い

ご来院・ご入院は診察を受ける方のみお越しください
院内への付き添いはお控えください
(送迎の際は、駐車場までとさせていただきます)
ご来院の前に体温を計測してください。
来院可能体温 (妊産褥婦の方:37.5℃未満)
ご来院の際には、マスク着用の上、手洗い・消毒を宜しくお願いいたします。

<ご来院・ご入院の付き添いにつきまして>
新型コロナウイルスの対策として、下記の通り付き添いを制限させていただいております。付き添いの方が意図せず感染源になり得る可能性も考えられますので、皆様の安全のため、ご理解ご協力をお願い申し上げます。
ご来院:診察を受けられるの方以外のご来院はお控えください。
ご出産:立ち会いが不可能です。
ご面会:全ての方のご面会をお控えいただいております。

<ご来院の注意事項>
以下1~4の症状がある方はご来院なさらずに、ご予約の変更をお願いいたします。
1.発熱、頭痛、風邪症状、のどの痛み、咳、鼻汁、痰、息切れ、息苦しさ、胸の痛み、だるさ、関節痛、筋肉痛、発疹、腹痛、下痢、嘔吐、味覚障害の症状がある方。
2.2週間以内に海外から帰国した方、または帰国者と接触した方。
3.2週間以内に新型コロナウィルスに感染した、又は、感染の疑いのある人と接触した方。
4.流行性疾患の方、また、上記1の症状のある方が周囲にいる方。
尚、風邪の症状や37.5℃以上の発熱が2日以上続いている妊婦様は、保健所などにある「帰国者・接触者相談センター」にご相談をお願いいたします。

2020年4月8日(更新)
田中ウィメンズクリニック
院長 田中康弘

硬膜外麻酔による無痛分娩

田中ウィメンズクリニックでは全てのお産で、硬膜外麻酔によってお産の痛みだけを取りのぞく無痛分娩を行っています。

硬膜外麻酔は、脊髄を包んでいる硬膜の外側に、細いチューブを挿入して行います。この硬膜外腔と呼ばれる部分に、鎮痛剤や局所麻酔薬を注入することで、お産が無痛の状態になります。痛みが取れるだけで、あとは自然のお産と同じです。意識もはっきりとしていますし、足を動かすこともできます。お母さんが自分でいきみ、自分で産むことになります。

高齢初産などで子宮口が硬い場合、前日にバルーンを挿入して子宮口を広げる前処置が必要になります。その前処置に先立って硬膜外麻酔を行い、痛みに備えます。これにより、陣痛の始まりから、100%痛みを感じることなくお産を終えることができるのです。

硬膜外麻酔による無痛分娩では、痛みがなく、冷静に介助者の言葉を聞くことができるため、いきみの動作が上手にできます。そのため裂傷が起こりにくく、出血も少なくてすみます。
なにより、頭、肩次に体と生まれ出る赤ちゃんを、痛みなしに自分の目で見ることができます。

それが「生まれた赤ちゃんを胸に抱いた時の感動は、無痛分娩の方がはるかに大きい」と多くの方にいわれる最大の理由なのです。

マタニティ&ベビーフェスタ2018
TOPへ