東京世田谷の無痛分娩 産婦人科クリニック 田中ウィメンズクリニック

閉院のお知らせ
新型コロナウイルス発生に伴うお願い

新型コロナウイルス発生に伴うお願い

ご来院・ご入院は診察を受ける方のみお越しください
院内への付き添いはお控えください
(送迎の際は、駐車場までとさせていただきます)
ご来院の前に体温を計測してください。
来院可能体温 (妊産褥婦の方:37.5℃未満)
ご来院の際には、マスク着用の上、手洗い・消毒を宜しくお願いいたします。

<ご来院・ご入院の付き添いにつきまして>
新型コロナウイルスの対策として、下記の通り付き添いを制限させていただいております。付き添いの方が意図せず感染源になり得る可能性も考えられますので、皆様の安全のため、ご理解ご協力をお願い申し上げます。
ご来院:診察を受けられるの方以外のご来院はお控えください。
ご出産:立ち会いが不可能です。
ご面会:全ての方のご面会をお控えいただいております。

<ご来院の注意事項>
以下1~4の症状がある方はご来院なさらずに、ご予約の変更をお願いいたします。
1.発熱、頭痛、風邪症状、のどの痛み、咳、鼻汁、痰、息切れ、息苦しさ、胸の痛み、だるさ、関節痛、筋肉痛、発疹、腹痛、下痢、嘔吐、味覚障害の症状がある方。
2.2週間以内に海外から帰国した方、または帰国者と接触した方。
3.2週間以内に新型コロナウィルスに感染した、又は、感染の疑いのある人と接触した方。
4.流行性疾患の方、また、上記1の症状のある方が周囲にいる方。
尚、風邪の症状や37.5℃以上の発熱が2日以上続いている妊婦様は、保健所などにある「帰国者・接触者相談センター」にご相談をお願いいたします。

2020年4月8日(更新)
田中ウィメンズクリニック
院長 田中康弘

マタニティビクス

マタニティビクスは、田中ウィメンズクリニックの研究によって生まれ、全国に普及したマタニティフィットネスです。

マタニティビクスが生まれた1981年には、「妊婦は安静に」という考え方が主流でした。流早産は運動や振動が原因で起こると考えられていたのです。しかし、そのせいで肥満による難産や妊娠性高血圧症が多発していました。 当クリニックの田中康弘院長は、こういった症状を改善しようと「流早産の原因は運動ではないはずだ。むしろ、なるべく早くから体を動かすべき」と考え、マタニティビクスを創り上げたのです。

1980年代半ばには、妊娠初期の流産は運動によるものではないことが検証されました。また、2000年に入ってから、早産は感染によって起こることが立証され、「運動によって免疫力が強化され、お腹の張りを抑制する物質も増加することで、妊娠中期以降の切迫早産の予防にマタニティビクスは効果的だ」という院長の信念が正しかったと検証されたのです。

「妊娠を機に運動習慣を身につけよう!」をスローガンに、当クリニックは常に最新のエクササイズを発信し、マタニティフィットネスをリード。多彩なプログラムを、一般社団法人日本マタニティフィットネス協会の認定資格を持った専門インストラクターの指導により提供しています。

マタニティビクスのコース
妊娠13週からスタート
「マタニティママのためのコース」 マタニティビクス/マタニティヨガ/マタニティ・ベリーダンス/マタニティ・ラテンエアロ
※マタニティビクスは以下の4つの種類があります。
マタニティビクスM(メタボリックシンドローム)、マタニティビクスL(ロコモティブシンドローム)、マタニティビクスA(アンチル)、マタニティビクスS(ソフト)
1ヶ月健診後からスタート
「ベビー&ママのためのコース」 ベビービクス&ママフィット/ママ&ベビーヨガ
「産後ママのためのコース」 ママフィット
不妊治療中の方へ
「赤ちゃんを望む女性を応援するコース」 プレマタニティフィット
ママ・パパ対象の教室
「ベビーマッサージ教室」
マタニティビクスの歴史
  • 1.昭和57年頃のマタニティビクスレッスン風景
  • 2.マタニティビクス普及のため体操演技発表会へ出演
  • 3.昭和60年度体操演技発表会
  • 4.昭和61年度体操演技発表会
    ストレッチ体操とマタニティビクスインストラクターの演技
  • 5.昭和62年度体操演技発表会
    曲名:OSHIBISA ※音楽は著作権の関係上流れません。
  • 6.昭和62年度体操演技発表会
    日本エアロビクス連盟(会長・院長)
  • 7.昭和63年度体操演技発表会
    マタニティビクスインストラクターと一般
マタニティ&ベビーフェスタ2018
TOPへ