東京世田谷の無痛分娩 産婦人科クリニック 田中ウィメンズクリニック

閉院のお知らせ
新型コロナウイルス発生に伴うお願い

新型コロナウイルス発生に伴うお願い

ご来院・ご入院は診察を受ける方のみお越しください
院内への付き添いはお控えください
(送迎の際は、駐車場までとさせていただきます)
ご来院の前に体温を計測してください。
来院可能体温 (妊産褥婦の方:37.5℃未満)
ご来院の際には、マスク着用の上、手洗い・消毒を宜しくお願いいたします。

<ご来院・ご入院の付き添いにつきまして>
新型コロナウイルスの対策として、下記の通り付き添いを制限させていただいております。付き添いの方が意図せず感染源になり得る可能性も考えられますので、皆様の安全のため、ご理解ご協力をお願い申し上げます。
ご来院:診察を受けられるの方以外のご来院はお控えください。
ご出産:立ち会いが不可能です。
ご面会:全ての方のご面会をお控えいただいております。

<ご来院の注意事項>
以下1~4の症状がある方はご来院なさらずに、ご予約の変更をお願いいたします。
1.発熱、頭痛、風邪症状、のどの痛み、咳、鼻汁、痰、息切れ、息苦しさ、胸の痛み、だるさ、関節痛、筋肉痛、発疹、腹痛、下痢、嘔吐、味覚障害の症状がある方。
2.2週間以内に海外から帰国した方、または帰国者と接触した方。
3.2週間以内に新型コロナウィルスに感染した、又は、感染の疑いのある人と接触した方。
4.流行性疾患の方、また、上記1の症状のある方が周囲にいる方。
尚、風邪の症状や37.5℃以上の発熱が2日以上続いている妊婦様は、保健所などにある「帰国者・接触者相談センター」にご相談をお願いいたします。

2020年4月8日(更新)
田中ウィメンズクリニック
院長 田中康弘

お産の「痛み」

お産は、たいへんな痛みを伴います。 その痛みは、初産では「指を切断されるのと同等」といわれるほど。

お産の痛みのことを「産痛」といいます。痛みというのは1種類1箇所が基本です。例えば、三大疼痛のひとつである胆石による痛みは、右の上腹部が痛み、その痛みは内臓痛と呼ばれます。ですが産痛は、お産の進行によって痛む場所も、痛みの種類も変わるのです。 まずは、お産が始まった際、子宮が収縮して起こる陣痛。そして赤ちゃんを押し出す力がはたらいて子宮口が押し広げられる開口痛が加わります。お腹と腰が痛むこの2つは、「内臓痛」と呼ばれます。 その後産道を下りてくると、産道周辺の靱帯や筋肉、皮膚などが引きちぎられるような痛みが続きます。この痛みは下腹部と会陰に強い痛みを与える「体性痛」です。

これらの痛みは、人間が進化し、知能が発達したことで産まれた痛みなのです。

人間は知性が発達し、頭が大きくなりました。その頭が産道を通過するのは、容易なことではないのです。お産は、お母さんだけでなく赤ちゃんにとっても、一生に一度の最大の難事業といっても過言ではありません。

そんな人間が発達して生じた痛みだからこそ、私たちが生み出し、進歩させた医学で痛みをとって、お産を応援してあげたい。私たちはそう考えているのです。

マタニティ&ベビーフェスタ2018
TOPへ