東京世田谷の無痛分娩 産婦人科クリニック 田中ウィメンズクリニック

閉院のお知らせ
新型コロナウイルス発生に伴うお願い

新型コロナウイルス発生に伴うお願い

ご来院・ご入院は診察を受ける方のみお越しください
院内への付き添いはお控えください
(送迎の際は、駐車場までとさせていただきます)
ご来院の前に体温を計測してください。
来院可能体温 (妊産褥婦の方:37.5℃未満)
ご来院の際には、マスク着用の上、手洗い・消毒を宜しくお願いいたします。

<ご来院・ご入院の付き添いにつきまして>
新型コロナウイルスの対策として、下記の通り付き添いを制限させていただいております。付き添いの方が意図せず感染源になり得る可能性も考えられますので、皆様の安全のため、ご理解ご協力をお願い申し上げます。
ご来院:診察を受けられるの方以外のご来院はお控えください。
ご出産:立ち会いが不可能です。
ご面会:全ての方のご面会をお控えいただいております。

<ご来院の注意事項>
以下1~4の症状がある方はご来院なさらずに、ご予約の変更をお願いいたします。
1.発熱、頭痛、風邪症状、のどの痛み、咳、鼻汁、痰、息切れ、息苦しさ、胸の痛み、だるさ、関節痛、筋肉痛、発疹、腹痛、下痢、嘔吐、味覚障害の症状がある方。
2.2週間以内に海外から帰国した方、または帰国者と接触した方。
3.2週間以内に新型コロナウィルスに感染した、又は、感染の疑いのある人と接触した方。
4.流行性疾患の方、また、上記1の症状のある方が周囲にいる方。
尚、風邪の症状や37.5℃以上の発熱が2日以上続いている妊婦様は、保健所などにある「帰国者・接触者相談センター」にご相談をお願いいたします。

2020年4月8日(更新)
田中ウィメンズクリニック
院長 田中康弘

無痛分娩の安全性

硬膜外麻酔による無痛分娩は、世界中の医学先進国で最も数多く行われている安全性の高い分娩法です。

陣痛の痛みが強いと、呼吸回数が異常に増えたり、血圧が上がったりすることがあります。精神面にもたいへんな負担があります。
この痛みを取りのぞくことで、呼吸器、循環器、精神面へのストレスが軽減され、お母さんは心身ともに落ち着いた状態でいられます。結果、自分で上手にいきむことができ、痛みによる筋肉の緊張も取れて伸展性が増大し、お産の時間や出血量が減少し、赤ちゃんへのストレスも軽減するのです。また体力の消耗が少ないので産後の体力回復が早く、ゆとりを持って育児生活に入ることができます。
また、もし何らかのトラブルで緊急帝王切開が必要になった場合、すぐに手術の麻酔に移行できるので、速やかに手術を開始することができるというメリットもあります。

もちろん、デメリットがないわけではありません。
麻酔に伴う副作用や合併症、例えば麻酔薬の過剰投与で血圧が低下したり、陣痛が弱くなるという状態が起こる可能性があります。

世の中には様々な分娩法があります。そこで当クリニックでは、安全性とメリットについて他の分娩法と比較して評価することを全ての方にお勧めしています。

医学先進国と無痛分娩
イギリスでは1840年代に無痛分娩が始まりました。
フランスは『ウーマンリブ』という女性の権利獲得運動が国を動かし、ほぼ100%無痛分娩の国になりました。
アメリカは、希望すれば誰でも無痛分娩を受けられます。
その他の国々でも、少なくとも生活環境が整った国では無痛分娩が常識になっているのです。
マタニティ&ベビーフェスタ2018
TOPへ