東京世田谷の無痛分娩 産婦人科クリニック 田中ウィメンズクリニック

閉院のお知らせ
新型コロナウイルス発生に伴うお願い

新型コロナウイルス発生に伴うお願い

ご来院・ご入院は診察を受ける方のみお越しください
院内への付き添いはお控えください
(送迎の際は、駐車場までとさせていただきます)
ご来院の前に体温を計測してください。
来院可能体温 (妊産褥婦の方:37.5℃未満)
ご来院の際には、マスク着用の上、手洗い・消毒を宜しくお願いいたします。

<ご来院・ご入院の付き添いにつきまして>
新型コロナウイルスの対策として、下記の通り付き添いを制限させていただいております。付き添いの方が意図せず感染源になり得る可能性も考えられますので、皆様の安全のため、ご理解ご協力をお願い申し上げます。
ご来院:診察を受けられるの方以外のご来院はお控えください。
ご出産:立ち会いが不可能です。
ご面会:全ての方のご面会をお控えいただいております。

<ご来院の注意事項>
以下1~4の症状がある方はご来院なさらずに、ご予約の変更をお願いいたします。
1.発熱、頭痛、風邪症状、のどの痛み、咳、鼻汁、痰、息切れ、息苦しさ、胸の痛み、だるさ、関節痛、筋肉痛、発疹、腹痛、下痢、嘔吐、味覚障害の症状がある方。
2.2週間以内に海外から帰国した方、または帰国者と接触した方。
3.2週間以内に新型コロナウィルスに感染した、又は、感染の疑いのある人と接触した方。
4.流行性疾患の方、また、上記1の症状のある方が周囲にいる方。
尚、風邪の症状や37.5℃以上の発熱が2日以上続いている妊婦様は、保健所などにある「帰国者・接触者相談センター」にご相談をお願いいたします。

2020年4月8日(更新)
田中ウィメンズクリニック
院長 田中康弘

子育てについて

水は大切

毎日使う水。
飲んだり料理を作ったり、お風呂に使う水は、私たちの健康に非常に大きな影響を与えます。

命をつなぐ飲み水に、ダイオキシン・トリハロメタン・放射性物質などの有害物質の混入を避ける、というのは誰しもが気をつけているでしょう。実は水道水に使われている、殺菌に必要な塩素でさえ、私たちの皮膚にとってはしわや肌荒れを促進する有害物質なのです。
ましてや、生まれる直前まで羊水に守られていて、とても薄く傷つきやすい赤ちゃんの肌には、大敵です。

そこで、当クリニックでは、2003年から『逆浸透膜浄水器』を通した水を産湯に使っています。この浄水器は、有害物質はもちろん、残留塩素やミネラルさえも通さない、宇宙でも使われる高性能な浄水器です。

新生児の沐浴は有害物質を含まない水で。ぜひ退院後も、子どもたちのために大切な水にこだわる、そんな健やかな生活を心がけて欲しいと思っています。

詳細は院長放談 2013年8月 2013年9月 をご覧ください。

抗放射能生活習慣をつけましょう

2011年3月の福島原発事故は、チェルノブイリの原発事故と同等かそれ以上の放射能被爆をもたらしたといわれています。
チェルノブイリ周辺で起きたことが、日本でも起こる可能性は高いと考え、健康を守るための努力を心がける必要があります。

放射能は、浴びれば必ず体への害があります。しかし生活を工夫することによって、普段の生活の中で浴びてしまう線量を減らすことは可能です。ぜひ抗放射能生活習慣を身につけましょう。

放射能被爆から身を守る方法(Anti-Radiation生活習慣)

1. 放射性物質を体に入れない
  • 1 飲み水や調理に使う水は浄水器を通す。
  • 2 ホットスポットを避ける。
  • 3 地表からの高さにも留意する。
2. 入ってしまった放射性物質は、体から排出する
  • 1 有酸素運動(Anti-R Exercise)で全身から汗を流すことを心がける
  • 2 排出を助ける食品、医薬品などを摂る

詳細は院長放談 2013年8月 2013年9月 をご覧ください。

マタニティ&ベビーフェスタ2018
TOPへ